ヒト科のヒトは考える

9時に家を出る生活から
9時に顔を洗う ここ一ヶ月。。
声の大きさや喋る早さ、握る力も少しずつ戻ってきて、目も耳もクリアに。なんとまあ 老眼進んだんだと思ってたら 違ったよ。熱も夜だけになりました 。
高齢者の病気って こんななんだろうなぁ、先が見えなくて、気を遣って不安だろうなぁって思った。

昨日 同僚が気分転換にランチへ連れ出してくれた。
いない間の職場の話とか、不調の元凶 異次元の輩の話とか。じっくり話せて よかった。サンキュー!

体が治ったら 元の社会生活に戻りたいと 思うだろうか?
一部の同僚や友達は 、体調不良に 心の疲れがあることを見抜いてくれていて、ちょくちょくラインやお誘いをくれる。本当に 嬉しかった。
イロイロぶち込んできたヒト達の間に しっかりと 「今なら線を引けるな 」と確信したのも 今。

声出して笑って泣いて 、お腹もグゥと鳴った。
生命力が 上がってきたんだな、と。
「病は気から」どっちが先かわからないけど、体はピチピチでも生きる力を失ったら 、やってかれないのは わかった。

そのためには 目標を持つといいらしいけど、目標の定義がよくわからない。。




[PR]

by toh-k | 2016-10-19 10:06