<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ロック&ストレッチ

引越してから 1ヶ月超。
あんなにやりたかったのに 全く布に触れてません。なんかしら作りたいのに イマイチ気が乗らないって時 くる時はくるんだなー。

ストレッチと音楽、で首肩の緊張感を抜くのが 今の私の仕事。
肩の力を抜かない限り 背中の痛みはなかなか治らないそうで。。
まっすぐは進まないものだねぇ。

ボサノヴァやオサレなカフェのBGMは ちっとも癒されなくて 逆に疲れちゃうさ。。

激し懐かしいインディーズパンクが スマホで簡単に手に入る21世紀 万歳!
ガギガギでギャギャギャなギターサウンド 、
コレに癒されるオレもいるって事。
最近 流行ってる ワンオクだって 割とガガガロック。
歌詞を聴いても 聴き流しても ノッても のらなくてもいいってのが、いい。








[PR]

by toh-k | 2016-05-25 15:15 | 日々

みんなの学校

b0183587_14594340.jpg

ぞうの本屋さんの 冊子で知る。
「みんなの学校」 怖くて見れない…絶対号泣してしまう。
自分の現状と比べてしまう。。

でも、いつか 本は読むと思う。私は 泣きながらでも 先に進むしかできない人なんで。

[PR]

by toh-k | 2016-05-19 14:57 |

パンク

ken yokoyamaがテレビに出る日が来るとは…
b0183587_14573060.jpg

私のパンク魂 再燃!

もう あたしゃコッチに戻る。
ここがサイコー
[PR]

by toh-k | 2016-05-19 14:55 | お気に入り

切りました
b0183587_14550557.jpg

バッサリと!
[PR]

by toh-k | 2016-05-19 14:54 | 日々

いいお母さんてどんなん?

厳しくうるさい親に育てられ
私も 同じウルサイ親だ。
そのうるささに 自分も反抗期の子供たちも ウンザリしてて、とうとう私が己に籠りました。。

優しい母親、いろんな事に付き合ってやる母親、明るい母親、マメな母親 どれにもなれてないままだが 努力すりゃ なれるもんでもなし。

今日までの トラブル対処やカラ元気に 心底疲れた私は 石になることに。

石は自由だ。
ご飯を雑に食べても、服をその辺に脱ぎ散らかしても お菓子のゴミを捨てなくても 誰にも叱られない。
叱っていたのが自分だから。片付けてたのも私だから。
人の片付けもしない、ゴミも捨ててやらない、宿題や持ち物の心配もしないで、自分のやりたいように やってたら…子供たちが泣いた。

自分らが 仲良くしなかった、言う事聞かなかったから ママは冷たくなったんだ、と。
小言言わなくなったら 、言う事なくなっただけだけど。
ikの特性があるから、事細かく指示したり、注意したりで たくさん説明しなきゃならないからクドクド話してたけど、
そうかもね
今までムリしてたから。
ムリは禁物だよ、人間だもの。。




[PR]

by toh-k | 2016-05-19 14:13 | 家族

我思うゆえに我あり

あ〜 長くなっちゃうなー、多分。

結婚もしてない頃は 「女の子を産んで一緒にシルバニアファミリーで遊びたいな〜」なんて思ってたけど実際は双子男子、ラフに言えば手のかかる方の。
子育てキャリアが11年。

人を見る時、全方向からの見方があって、深さも浅さもあって 、批判的だったり教育的だったり、
上っ面だけでウワサしたり 決めつけたり。
中くらいが いいな…とつくづく思う。

例えば、、
中高くらいの 今困っているお母さんが発する
「小さい頃から 手のかからない子だった」という言葉。今はその頃とは違うから 出るんだな、と。
ずーっと割と困ってない母親は その言葉自体を持たないんだろうし、全方向からの見方なんか あまり気にしないで生活できるんだろうな。
実に羨ましい。

でも、私は困ってる方なので、いろんな思いを持ってる。
昔はそれを 悲しむだけ悲しんでいたけど、最近はそれを知ってる事が 私だけの価値ある持ち物だと思うようになった。
悲しんでも 手放さなかった、時々学んで試したという価値。

個性だとかマイノリティという かっこいいカテゴリーになるのには 、まだまだ時間のかかる義務教育時代にいる迷い子達は、
超モヤモヤ、泣きたいほどモヤってる、というのが なんとなくわかる。

うちのADHDのikも (ちょっとマシなkazだって)次なる思春期の試練がこれからくる。
こんな偉そうで前向きな事言ってたことなんて 忘れて 途方に暮れる時があるかもしれない。
思うだけでツライ…

オトナもかなりモヤっているのだ、私みたいな人は。
10代のモヤリ族には 、心の中は自由なんだよって 話してあげたい。
ドブみたいな心も 虹みたいな心も 社会のルールさえ守ってれば 何でも自由に思っていいんだ、って。

それが わかってくるのも だいぶオトナになってからなんだけども。。

心の中では自由。
b0183587_19190562.jpg

ヤクルトとアホで出来ているikも かなりの努力と涙でここまで大きくなりました。














[PR]

by toh-k | 2016-05-05 18:33 | 家族

一年生に戻される仕組み

明日は学校だけれど、
とにかくうちの6年生は だらだらしている。
6年だからいろいろ学校では忙しいけど、基本慣れ過ぎた環境、余裕な感じ。
余裕な忘れ物…アゲイン

そう思ってられるのは今のうちさ。
これからだって そう。
手探りと緊張から解放されて 楽しんでたら すぐ一年生。
そして、また慣れたら また一年生。その繰り返し。

オトナになってからだって、そうだった。
新入社員の超キンチョー期から だんだん慣れて、
転職、結婚、出産 、育児。
いつだって一年生に戻される。
疲れるし 失敗するし 自己嫌悪で イヤでイヤで仕方なかった。
でも この年になり、一年生を選択できるチケットを手に入れました。(加齢という)

ただ、私はなんだか、自分から 一年生を選ぶような気がする。
これから選ぶ一年生は 一人でできる事に限りたい。
勉強して 好奇心を育てて ワクワクしたり、感動したりしたいんです。自分で選んだ一年生を楽しみたいんです。




[PR]

by toh-k | 2016-05-05 18:06 | 日々

ズートピア

GWは やっぱり コレと言ってどこにも行かない予定。

仕事も私はシフト通り。ダンナは10連休。
…ムダ…

初日、私の父のところへ。
昼一緒に食べて 話しながら「DRコトー」読んでたら 寝落ち。オレ疲れてる。。
術後の様子としては とてもよくて、安心した。が、腰が痛いとな。。うーん…

昨日仕事で今日は子供らを連れて ズートピアを見に。
ズートピア
その街は いずれディズニーランドで具現化されるんじゃないか? それくらいの 緻密な動物たちの先進都市。
でも、そこで起こる事は 楽しい事ばかりじゃない、人間の世界と同じ。一人一人はちっぽけで、やっかみや差別や偏見。
都会の光と闇の中で まっすぐなウサギの警察官が 奮闘します。

シンプルだけど ちっぽけな社会の小石を経験したオトナには…時間差で沁みますよ。








[PR]

by toh-k | 2016-05-01 21:34 | 日々